嵐パトとは

「右京の安心・安全嵐電パトトレイン応援団」

100年の歴史を持ち、地域住民や観光客に「嵐電」の愛称で
親しまれている京福電鉄。
その路線のほとんどは右京区を走っています。
右京区の象徴的な存在である嵐電を交通安全・防犯のPRを中心に
据えることで幅広い層への効果的な広報を図ります。
また、子どもたちに人気があり、まちの治安を守る
シンボルでもあるパトカーをデザインに活用することで
「安全・安心のまちづくり」
という企画意図を印象づけるとともに、
小さな子どもにも関心を持って参加してもらえるように取り組みます。

具体的な内容
1. パトカーと同じイメージで、嵐電にペイントする。
2. 開催期間は平成23年5月10日(火)〜平成24年3月31日(土)まで
3. 地域団体等の協力によるセレモニーの開催(5月10日AM10時~)
4.期間中数回は地域団体等の協力によるイベント・教室を開催
 (車内での交通安全教室・防犯教室等)※予定
5. 車内には協賛企業ポスターを掲示、地域の連帯感を醸成
6. 嵐電パトトレインにちなんだオリジナルグッズ制作・販売
 (ポストカード、クオカード 等 検討中)
7. 安心・安全右京、PR動画作成、DVD制作(予定)
8. TV・ラジオ、新聞等メディアを使ったPR(予定)

Copyright(c) 2011 Randen Pato Train.